病院

不妊は子宮筋腫が原因かも|子宮環境を健康に保つ

カルシウムが必要な理由

お腹

妊婦に欠かせない栄養素のひとつにカルシウムが挙げられます。お腹の赤ちゃんの骨の形成に関わってくるので、カルシウムが不足してしまうと赤ちゃんの身長が小さかったり、歯の発達が遅れたりという症状に繋がります。また、妊娠中は赤ちゃんにカルシウムが送られていくため、どうしてもお母さんのカルシウムが不足してしまいます。お母さんのカルシウムが不足してしまうと、お母さんの骨や歯がもろくなってしまいます。骨がもろくなると、くしゃみをしただけで骨折してしまったり、お腹が大きくなるにつれ体への負担が大きくなるので、転んだときに骨折しやすくなったりします。なので、妊娠中のお母さんは通常よりも多くのカルシウムを摂取する必要があるのです。成人女性が1日に摂取するカルシウムは約600mgですが、妊婦の場合は約1.5倍の900mg摂取する必要があります。この量を摂取するために一番効率がいいのが、牛乳です。しかし中には牛乳が嫌いという人もいるでしょう。そこで、婦人科ではカルシウムや葉酸のサプリメントの提供も行なっています。妊婦が婦人科に通いだしてからのデータが多くあるので、必要な量をしっかりと把握することが一番のメリットといえるのではないでしょうか。適量を処方してもらうことができるので、安心して利用することが可能なのです。現在でも多くの妊婦を対象に提供されている商品も多くあるので、ネットなどで情報を集めてみてもいいでしょう。その中で活用できるものがあれば医師と相談して利用することもできるかもしれません。